■プロフィール

新井 格 (あらい いたる)

Author:新井 格 (あらい いたる)
・入間市環境まちづくり会議運営委員
・入間市生涯学習フェスティバル実行委員
・たすけあい語来里監査
・いるまねこの会会員
・大森の自然を守る会会計
・入間ロータリークラブ会員  他

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
予算案発表される
21日に開会される県議会2月定例会で審議する平成23年度当初予算案の詳細が発表されました。

一般会計 …1兆6899億4100万円 (前年度比0・8%増)
予算総額(特別会計、企業会計を含む)…2兆3378億4808万円 (0・5%増)

無駄な事業の廃止や人件費のカットなど行財政改革を推進してきましたが、生活保護費をはじめとする社会保障関係費が膨張したため、一般会計は3年ぶりの増額となっています。

世界に通用する人材大きな成長が期待される中小企業への支援など「未来への投資」「暮らしの安心・安全」に重点配分された予算となっています。

歳入面では、県税収入が前年度比2・7%増の6215億円と4年ぶりの増加
いわゆる県の貯金である財政調整基金などから542億円を取り崩して予算に充てます。
地方交付税は、前年度比45億円(2・3%)増の2013億円を計上しています。

財政健全化の取り組みでは、県債(県の借金)発行を前年度比368億円(10・9%)減の3007億円に抑えています
発行される県債のうち、国が後に交付税で補填することになる臨時財政対策債は1883億円で、同12・4%減とされています。累計の県債残高は3兆4909億円となり、県民1人あたりの借金は49万円と前年度より1万7000円増えています。
県自体で管理できる県債の残高は着実に減少ができています。
スポンサーサイト


平成23年度予算 | 19:49:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。