■プロフィール

新井 格 (あらい いたる)

Author:新井 格 (あらい いたる)
・入間市環境まちづくり会議運営委員
・入間市生涯学習フェスティバル実行委員
・たすけあい語来里監査
・いるまねこの会会員
・大森の自然を守る会会計
・入間ロータリークラブ会員  他

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2013年、明けましておめでとうございます
皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

少々遅くなりましたが、当ブログも本日より仕事始めといたします。
新春第1弾の更新は、平成25年元旦の活動報告をさせていただきます。

元旦は、平成25年(2013年)の時報とともに地元の八坂神社へお詣りに行きました。
境内は、既に大勢の参詣客で賑わっており、お焚き上げの炎が勢いよくのぼっていました。
八坂神社

午前6時過ぎには元旦の御来光を拝むために桜山展望台に向かいました。
麓から10数分、山道を歩いて標高180メートルの展望台に着きます。
初日の出2

展望台では、集まった凡そ200人程の市民の皆さんと入間市民憲章を唱え、初日の出に向かって万歳三唱をして新しい歳が健やかで輝かしいものとなることを祈りました。

午前10時からは、豊岡の愛宕神社で催行された元旦祭に参列。
年神様に玉串を奉奠して、地域の安寧と発展を祈願しました。
 
愛宕神社




スポンサーサイト
地域の皆さんと | 21:32:01 | Trackback(0) | Comments(5)
第18回いるま生涯学習フェスティバル
心配された天候も、雨に降られることなく、第18回いるま生涯学習フェスティバルが入間市産業文化センターを中心に開催されました。

オープニングは、多田実行委員長の開会宣言に始まり、主催者を代表して市長就任二週間が経過したばかりの田中龍夫新市長からの挨拶がありました。
市長

続いて、来年2月に開催される入間ドラマフェスタから市民ミュージカル「二人のロッテ」の一部が演じられました。ステージ一杯に繰り広げられた子ども達の歌と踊りは客席を魅了しました。
ミュージカル

会場内では、市内で活動している各種団体の展示、発表、絵手紙や木目込み鞠づくりの体験コーナーなどなど、盛り沢山の催しが行われ、来場者はそれぞれのブースで生涯学習のヒントを掴んだことでしょう。
ごみ部会
写真は2階集会室での環境まちづくり会議・ごみ部会展示の様子です。


3階研修室では、”NPO法人まちづくりサポートネット元気な入間”の主催による「65歳からの人生をかんがえる」とのテーマでのワークショップが行われました。リタイア世代の地域デビューとこの世代の力によるこれからの入間を元気にするようなたくさんのアイディアが百出しまた。議論自体がとても楽しく、これからに繋がる実のあるものとなりました。
街サポ

お昼には中庭に出店された世界各国の料理屋台が参加者の胃袋を満たしました。
ブラジル、イラン、トルコ、韓国、などの海外勢を金子おやじの会の焼きそばや入間親子劇場のカレーライスが迎え撃ち、美味しさの火花を散らしました。
4屋台

1階エントランスではシェフ伊とうさんによるバルーンアート体験が開催され、子どもさんから大人達まで、大きな人の輪ができました。
バルーンアート

楽しいフェスティバルもあっという間にフィナーレ。
3時30分から行われたフィナーレでは東日本大震災の復興と生涯学習の大きな花が咲くことを願いながら参加者全員でNHk東日本震災復興プロジェクトのテーマ曲「花は咲く」を歌いました。
フィナーレ

日高市から駆けつけていただいたミュージシャンの山口じゅんさんの歌唱指導のもと、金子でロックイベントを主催している晝間和弘さんと僕のギター、そして突然のお願い(なんと一時間前のオファーでした)にも快く応じてくださった武蔵野音楽大学の横山聡子先生のフルートの演奏にあわせて参加者と実行委員が心を一つにして歌いました。

今日のフェスティバル会場で出会った全ての人との出会いに感謝して報告します。







地域の皆さんと | 19:33:43 | Trackback(0) | Comments(2)
第18回いるま生涯学習フェスティバルのお知らせ
今年も、入間で市民活動をしている人にとってのビッグ・イベント”いるま生涯学習フェスティバル”の開催が迫ってまいりました。

”いるま生涯学習フェスティバル”は、入間市生涯学習推進計画に基づく事業として、市民の生涯学習活動の成果や活動状況の発表の機会を提供し、市民の生涯学習への意欲を高めるとともに、学習活動への参加を促進し、市民と行政との協働によるまちづくりをめざし、平成7年より開催されているものです。

僕もこのフェスティバルに参加を始めて既に10余りが経過しました。
今年もいるまねこの会をはじめとして仲間入りさせていただいている様々な団体のブースに顔を出す予定です。

第18回いるま生涯学習フェスティバル
日程:平成24年12月2日(日)
会場:入間市産業文化センター、児童センター、図書館 他

テーマ
「探そう 活かそう 学びの輪」
キャッチフレーズ
「やりたい時がハジメドキッ!!」


今回は 11月19日(月)に放送されたのテレビ朝日「若大将のゆうゆう散歩~入間編~」より、その担当プロデューサーである河野勝氏をお迎えしての講演会が開催されます。
入間市が舞台となった理由など、放送までの色んな話しをしてもらえる予定です。

市内で生涯学習に関わる様々な個人と団体が集うフェスティバルです。
既に市民活動をされている方は勿論、これから地域デビューをと考えている方、そして、何が面白い事がないかと探している方など、是非、12月2日には産業文化センターにお越し下さい。
お待ちしております。


活動予定 | 23:31:20 | Trackback(0) | Comments(1)
地域猫講演会

厳しい残暑から一転、朝晩は肌寒い秋となりましたが、皆さんはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、9月20日から26日は動物愛護週間です。

動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。
この動物愛護週間には、国、地方自治体、関係団体が協力して、動物の愛護と管理に関する普及啓発のための各種行事を実施しています。

入間市においては、市、衛生自治会、そしているまねこの会が協賛して「地域猫講演会」を開催します。
ノラ猫問題でお悩みの皆さんに、人と猫が共存しながらねこの数を減らし、ねこによる被害を抑えていく方法をお教えする講演会となります。
ねこに庭をあらされて困っている、地域でノラ猫が増えている、そんなお悩みをお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

      記

日 時: 9月29日(土) 午後2時~4時
場 所: 藤沢公民館 (入間市大字下藤沢846番地1)
講 師: 石森 信雄 氏 (練馬区保健所職員)
     橋谷田 元 氏 (埼玉県生活衛生課職員)

※ 猫問題に取り組んでいる自治会からの報告もあります

※ 入場無料

共 催  : 入間市、入間市衛生自治会、いるまねこの会
後 援  : 入間市教育委員会      
協 力  : NPOねこだすけ

お問い合わせ:入間市環境課 (Tel:04-2964-1111)
       いるまねこの会(Tel:080‐1357-21)span>

人とペットの共生 | 23:12:27 | Trackback(0) | Comments(0)
「内部被ばくを生き抜く」上映会
久し振りの、本当に久し振りの更新になります。

先ずは、6月17日に開催した”第1回いるま環境フェア”が皆さまのご協力とご支援のお陰をもって大成功に終わったことを改めて感謝もうしあげます。
環境フェアについてはこのブログでは勿論のこと、「いるま環境フェア公式ブログ」にて詳細をご報告してまいりますのでご参照下さい。

さて、今日は市民活動センターにて行われた映画『内部被ばくを生き抜く』(鎌仲ひとみ監督)の上映会に参加してきました。

2012-07-22 16.42.00-1
鎌仲監督と参加者の質疑応答も行われました

この映画は、4人の医師が、広島~チェルノブイリ~イラク~福島の経験を語るドキュメンタリー映画で、僕も会員として活動している生態系保護協会入間支部が上映会の協賛をしています。
上映会は同映画と鎌仲ひとみ監督のトークそれにドイツで市民が電力供給会社を買取り運営していく過程を綴ったドキュメンタリー映画『シェーナウの想い』の併映と長丁場の一日となりました


地域の皆さんと | 23:00:35 | Trackback(0) | Comments(1)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。